今日借りれる消費者金融はどこ?すぐ借りたい方必見!【即日融資】

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

参考:今日借りれる消費者金融はどこ?即日融資ランキング!【すぐ借りたい】

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較するとしかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。