現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われておりそのほとんどが国際ブランドと提携しています。

有名なところでは、VISA、MasterCard、JCB、DinersClib、AMEXがあり、基本的には世界中で使うことができるアイテムです。

三井住友は日本で最初にVISAと提携した企業でありテレビCMのおかげで知名度は抜群だと思います。

MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されており国内ではほとんどの施設で利用できます。

国内の飲食店などでは特に威力を発揮するJCBですが海外の普及率は伸び悩んでいるようです。

お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には一括・分割・ボーナスなどから選ぶことが出来ます。

リボ払いは分割とは別の支払い方法で残高に応じて決められた金額を月々その会社に支払います。

支払い額が一定にできるので金銭管理をしやすく出来るのが特徴です。

ただ、この方法は手数料も上乗せされますので安易に選択する事はお勧めできません。

便利な物ですが支払いは計画的に行ってください。

数多くの電子マネーサービスが誕生してきており、毎日の通勤で利用者が増えてきている「モバイルsuica」や「おサイフケータイ」もそれにあたります。

あらかじめチャージしてカードに残金を貯めておきその範囲内の金額で支払や決済に利用できるサービスです。

支払い方法はかざすだけなので手軽でスムーズに勘定を済ませることができるため効率的です。

ついつい使いすぎてしまうキャッシュレスなカードとは違って事前に支払が完了しているこのシステムでは心配要りません。

更に預託金システムなので信用審査が不要ですからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。

多くのクレジットカードには会員保障と言う制度がありスリや窃盗で習得した第三者が悪用することによって名義人が受けた損害は発行会社が負担してくれます。

紛失、盗難にあったことを認識した場合は、直ちに警察に届け出るとともにすぐに電話で発行元にも連絡をします。

60日前までさかのぼって、不正利用について補償してくれますが、61日以上前の事例に関しては適用されません。

インターネットでは、番号と有効期限、名義を入力するだけで簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。

ネット決済で不正利用された場合、どこで情報が盗まれたかわからないので自覚しにくいのですが明細やメールを毎日確認して早めに気がつくことが大切です。

クレジットカードは買い物の時などに財布から現金を・・という手間無く支払いが出来るのであるととても便利なカードです。

また、ショッピングの支払いだけでなく公共料金の支払いも出来ます。

カードを使用してこれらの料金を支払うとポイントが知らない間に貯まっている事もありポイントを貯める為にクレジットの支払いを選ぶ人もいます。

ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月額の割引対象から外れる場合があります。

手元にあると安心なクレジットカード審査は数あるローンの審査の中で比べると容易いケースが多くたいていのクレジットカード会社がネットから24時間いつでも申し込みが可能です。

一般的に、過去に何かローンでトラブルが無ければ簡単な申し込み方法で審査時間も短い場合が多く、審査に通ったら、1週間ほどで本人宛にカードが送られて来ます。

クレジットカードは、現金不要で会計ができるだけでなくその他にもメリットが色々あります。

OMCやセゾンなど流通系のものは「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるサービスを定期的に開催しています。

国際部ブランドのVISA、MasterCard、JCBなどは海外や国内のホテルやレストラン、ショッピングで優遇が受けられます。

レクリエーション面で発行元が運営している特典は、カラオケやライブハウス、フィッシング、ボウリング、観劇や映画館などの各種レジャー施設の割引価格の利用があります。

更に、医療や健康面を重視しているカードもありマッサージやリラクゼーション施設の利用サービスを用意しているものもあります。

クレジットカードはランチやディナーの時に現金を使わずに精算ができます。

磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で個人の識別や提供会社、ブランドの識別がなされる仕組みです。

会員が利用することで売り上げを得ることができますが通常、支払回数が1回や2回までは金利手数料がかかりません。

ユーザーの利用で売り上げが無いときはどこから利益がでているのか不思議ですね。

実は加盟店からも個々の商品に対して手数料を徴収しているので運営会社が損になることはありません。

いざという時あると便利なクレジットカードはカードの申し込みが出来る会社が沢山あるのでどの会社が良いか解らないという方も多いでしょう。

迷っている時に参考になるクレジットカードの選び方は各カードの年会費や金利などを見比べてみる事です。

カードの年会費を支払いたくない場合は年会費がかからないクレジットカードを。

クレジットキャッシングの利用も考えている方は低金利のカードがお勧めです。

ランチやディナーもキャッシュレスなので簡単に会計が済ませられるカードがありますね。

使った金額に応じてポイントがついたり割引などのサービスを受けられることもあります。

支払時に提示してサインするだけの簡単な使い方なのですが、本人名義の物でなければいけません。

支払で立て替えてもらった代金は毎月の決済日に銀行口座から自動で引き落とされます。

通常、1回払いで引き落とされますが買い物後でも変更ができます。

現金がなくてもショッピングできる1枚を持っていると万が一の時に安心です。

これは買い物の支払い時に利用できる他現金を引き出せるキャッシング機能も付いているのでお金が必要な場合は素早く対応できます。

これを作成する方法は様々ですが、一般的な発行方法はインターネットから申し込みをする方法です。

インターネットからの申し込みは現在主流になっています。

ネットを介さない方法は提供会社から送られてくる書類に必要事項を記載し送り返すという方法もあります。

手持ちの現金が少ないときに現金が無くても支払できる物を1枚持っているとても便利です。

買い物に行った際の支払時に現金の持ち合わせが足りないこともあると思います。

その場合、この1枚を用いて支払いをすれば商品を戻すことなく手に入れることが出来ます。

並びに、これは支払だけでなくキャッシング機能がついているのでどうしても現金が必要な時はこちらを使い提携コンビニ・銀行のATMから引き出せます。

ブラックなどのグレードが高いカードでなくても国内や海外で適用される旅行保険保険がついているものが多くあります。

死亡や後遺障害、ケガや病気の治療や入院、通院などに対応していてグレードが高いほど補償が手厚くなって心強いですね。

国内よりも海外旅行の方が限度額が大きいのが通常ですが、原因として海外の医療費は日本よりも数段高いことが上げられます。

ショッピング保険など物品に関する補償もありますが規定日数以内に申告しないと適用外になることがあります。

保険適用には自動付帯と利用付帯がありますが所有していれば自宅に保管していても適用されるのが自動付帯で、支払に使用しなければ適用されないのが利用付帯です。

財布の中の現金が少ない時財布に入っていると安心なのがクレジットカードです。

カード発行の申し込みができる会社は沢山あるのでどのクレジットを申し込もうか決断出来ずに迷ってしまう人もいるでしょう。

例えば、決断しずらい時はカードの良し悪しを比較してみるのも一つの方法です。

カードを比較するにはネットから各カードの比較サイトなどを参考にすると良いでしょう。

レストランや映画館などでクレジットカードを使うと手早く精算をすませることができるので、非常にスムーズです。

利用による手数料で運営会社は利益を得ていますがこれは利用者だけでなく販売する側の加盟店からも徴収されます。

加盟店が支払う割合は営業内容によって異なり家電量販店やコンビニなどは一番低く1%から1.5%に設定されています。

決済回数は3回以上から利用者にも支払う料金が発生しますので毎月の利用額に金利が加算されて口座から自動引き落としされます。

1回や2回払いは販売促進の目的で運営会社は利用者に料金を請求しないためレジで加盟料を請求してきても払うものではありません。

関連ページ